モテない原因のヘルペスをバルトレックスであっさり治療!

バルトレックスの効果と服用法

ヘルペス感染症はヘルペスウィルスに感染することで発症します。
細菌よりも小さなこのウイルスは、粘膜や皮膚の中で暴れだしぴりぴりとした痛みを伴う水膨れを作ります。
治療薬を使用していても症状を完治させることはとても難しく、免疫の低下や体調の変化などでも再発してしまうことがあります。
いわば完治することのまずない、一生付き合っていかねばならない病気と言えます。
せめて治療薬についての正しい知識を身につけておくようにしたいものです。

ヘルペス感染症を治療する際、ゾビラックスというアシクロビルを有効成分とする抗ウイルス薬が多く用いられていましたが、現在では病院でもバルトレックスという抗ウイルス薬を処方するところが増えてきています。
有効成分をパラシクロビル塩酸塩とするこの医薬品ですが、ゾビラックスに比べてどのような違いがあるのでしょうか。

結論から言ってしまうと、後に開発されたバルトレックスの方が強力な医薬品です。
体内で分解吸収されるまでの時間が長いので、1日1回の服用で効果を発揮するのです。
これに対してゾビラックスは、成分の分解速度が速いので、持続時間が短く、1日に4回から5回の服用が必要になります。
1日に5回も服用するというのは少々わずらわしく、負担に感じてしまうかもしれません。
きちんと5回を服用することができていれば、強力な効果を発揮するのですが、一度でも飲み忘れてしまうとそこで効果が薄まってしまいますので、少ない服用回数で効果を発揮するバルトレックスの方がより強力な医薬品と言えるでしょう。

服用回数や有効成分以外ではどちらの医薬品も大きな違いはなく、大変に優秀な医薬品であると言えます。
どちらの医薬品も病院では処方薬として扱われますが、前述したように最近では使い勝手のいいバルトレックスが処方されるケースが多くなってきています。
病院での薬代が気になる方は海外通販サイトからの購入も可能です。

ヘルペスは悪化させてしまうと角膜炎や重症となる脳炎、女性の場合は自然分娩の障害となってしまうことがあります。
症状、治療薬ともに正しい知識を持つことが大切でしょう。